新着情報

レンテック大敬グループの様々な情報を
お届けいたします。



2011年04月30日 ブログ

4/24(日)知多半島ウルトラ遠足50km~道のり~

知多半島ウルトラ遠足50kmの部が終わって

            

H23年4月26日 豊田

                                        

 

 朝9時、常滑駅の前のホテルAUロビーには、

あと1時間後にスタートする参加者たちで一杯だ。

Photo

■参加者(嵩さん、大竹君、柴田君、市川さん、平松さん、豊田さん)■

私たちは50kmという長い距離の遠足(歩く)をするつもりで来ている。

しかし他の参加者多くは、マラソン大会にでもでるような格好( ゚д゚)

『 どういうことだ? ( ̄◆ ̄;)』

Photo_2

昨日の大雨がやんで、やや肌寒いが天気はいい。

10時にスタートしたとたん、大半の人は当たり前のように

ランニングで去って行った[E:run]

大竹くんも走って行ってしまった[E:dash]

歩くつもりで出発した私たち5人と極少数の参加者は、

取り残されたような感じになり、歩き出して2~3kmで

早くも「これでいいのか?」と心配が沸いてきた[E:coldsweats02]

前日の計画では、

「だいたい8,9時間かな、到着は夕方6時か7時だね。

それから風呂に入って、みんなでご飯。」のつもりだった。

しかし4~5km歩いてみて、私は計算があまかったことに気がつく。

Photo_3

嵩さんは、随分と後ろだと思っていたら爽やかな表情[E:happy01]で突然

追いついて来たり、またいなくなったり。嵩さんは折り返しの

25kmからランニングする予定らしい。

4

大竹君以外の私たち5人は最後尾。「少しランニングして時間を稼ごう」

と気の焦りで、私と平松さんと市川さんは走り出した。

柴田くんはまだこれからなのに脂汗をかいて苦しそうだ。

嵩さんは心配な柴田くんを見捨てない。

5_2

5~10kmでは市川さんが、昨年ハーフマラソンで痛めた膝が

痛く走ることができなくなった。

やっと10kの中継点。パン、バナナを食べてすぐ出発した。

ここから20kmの中継点も遠かった。

走れないから休憩もしないで黙々と早歩きする市川さん。

私と平松さんは、市川さんが見えなくなると走り出して追いつく

という感じで前に進んだ。

20kmの中継点では疲労困ぱい、おにぎりやお稲荷さんをガッツリ食べた。

20~25kmは、いよいよ折り返し地点に近づく。

気になっていた大竹君との差を確認した。

大竹君とはなんと1kmぐらいしか離れてなかったのだ!

——思い出した。新春の矢作川マラソンで大竹君は

スタートで早い飛び出しをしたが、中盤からガクンと失速した。

折返し点の25kmで、嵩さんも暫くしたら到着した。

柴田君はもうどこにいるのかわからない。

スタートから4時間半。さあ後半出発!!!

25~30kmでは、とうとう嵩さんに軽い足取りで

【スーっ】と抜かれて、【サーっ】と行ってしまった。

そして心配だった柴田君と行き会い、頑張れとエールを送った。

よくここまで来たと思う。ご苦労様。

30~40kmでは市川さんは無口でもう限界という感じだ。

33km付近で大竹君がコンビニでダンゴを食べていたのを見つけた。

とうとう追いついた。

337

  ○●○団子の大竹さん】●○●

 

4人で40kmの中継点までなんとかたどり着いた。

嵩さんは足がつったとTELがあったので、思ったより差がないかも。

336_3

市川さんの様子が変だ。

私が「無理するな、もう止めようか」と言葉かけたら、

悔しくて泣いていた。

彼女はスーっと「先に行くね。」と歩き出した。

(ここまで来たんだから、到着が9時になっても10時になっても

一緒にゴールしよう。)  

と思った

しかし気持ちは前に進みたいが、

向かい風も強いためなかなか足が前に進まない。

タクシー呼ぶわ。」と私が言ったら、

「ゴールしたら迎えに来て。」という返事が・・。

私と平松さんは40kmから走った。

暗くなる前に市川さんを迎えに行ってあげたいという気持ちで・・。

足は限界だが、まさに走れメロスのようだった。

私は多分4kmぐらい、平松は5km走った。

夕方も6時を過ぎ、さすがに暗くなってきて、

前も後ろも誰もいない道をひたすら歩いた。

嵩さんはとっくにゴールしている。

平松も先にゴールしている。

「あと500mだよ

と係員の声があった。

と同時に体が自然と走り出すことができた。

【 6時55分無事ゴール。走行時間8時間55分。】

その後すぐ私と嵩さん、平松さんで市川さんを迎えに行く。

その時前半型の大竹君がゴールした。

暗い道のりをコース沿いを慎重に走りながら、市川さんを探した。

「あっ!あれだ!!いたよ。頑張って歩いてるじゃん。」

ナビで位置を確認したら、ゴールまで1.6km。

「だったら、あと少しじゃん。

    それなら私、歩く。」

9

8_2

残念ながら柴田君は25kmで止めたが、他の全員は完走。

ほんとにいい経験ができたことを感謝したいと思います。

生まれて初めて50kmを歩いて今思うのは、

フルマラソンを目指し、来年は40km走破をやってみたい!

という新たな目標ができたこと・・・

◆◆ほんとに良くがんばったね。市川さん◆◆


このページのトップへ

  • デジタルブック
  • 事業所紹介
  • レンテック大敬総合カタログ
  • 新商品紹介ムービー
  • 事業所紹介

トップへ戻る